趣味

高齢運転者標識

高齢運転者標識(こうれいうんてんしゃひょうしき)とは、道路交通法に基づく標識の一つ。水滴もしくは葉っぱのように見える形状をしており、左が橙色、右が黄色に塗り分けられ、初心者マーク(若葉マーク)に比して紅葉のように見えることから、一般的には紅葉マーク(もみじマーク)や、枯れ葉マークシルバーマーク高齢者マークの通称で呼ばれる。

75歳以上のものが高齢運転者標識を付けないで普通自動車運転することは、道路交通法によって禁じられており[1]、違反すると高齢運転者標識表示義務違反に問われる。また、70歳以上75歳未満の者は、「加齢に伴つて生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがある」場合には、この標識をつけて運転するように努めなければならないと、道路交通法は定めている[2]。表示する際には、「地上〇・四メートル以上一・二メートル以下の位置に前方又は後方から見やすいように表示するものとする。」と道路交通法は定めている[3]

なお、周囲の運転者はこの標識を掲示した車両を保護する義務を有し、幅寄せ・割り込みなどの行為を行ってはならないと定められており[4]、違反者は初心運転者等保護義務違反に問われる。

市販される高齢運転者標識には、裏面が磁石になっていて車体に貼り付けることができる「マグネットタイプ」と、車内から窓ガラス等に貼り付けることができる「吸盤タイプ」の2種類が主に出回っている。

参考:wikipedia

*PR*

<a href="http://gentsuki.shiteyattari.com/" >原付免許取得</a>
<a href="http://www1.k-rent.net/~masa2008/wakiga/" >わきが手術</a>
<a href="http://joyfulllife.web.fc2.com/fx/" >FX失敗</a>
<a href="http://www1.k-rent.net/~masa2008/ookyaku/" >O脚改善</a>
<a href="http://speedbz.com/english/" >大人英語学習</a>
<a href="http://speedbz.com/drivinglicense/" >運転免許取得</a>
<a href="http://ookinayume.com/oogata/" >大型免許取得</a>
<a href="http://joyfulllife.web.fc2.com/dogtraining/" >犬のしつけ教室</a>
<a href="http://speedbz.com/42195/" >フルマラソン完走</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィンランドの例 罰金の累進徴収

フィンランドでは交通違反の罰金額は、所得を基に算出する、累進徴収制度を導入している。2002年、フィンランドで、携帯電話メーカーノキア社の幹部が起こしたスピード違反に対し、約10万ユーロという高額の罰金が課された。

日本では、罰金は所得の額に関係なく一律徴収である。このことをもって無職でも高額所得でも同じため不公平感があるとする主張もあるが、日本の刑法には所得額に基づいて計算されるよう定められている罰金刑は存在しない。

参考:wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交通反則通告制度

いわゆる「罰金制度」です。

正式にはどのように定義されているのでしょうか?↓

自動車交通の増大に伴い道路交通法違反事件の件数が飛躍的に増大し、これが検察、裁判所の活動を著しく圧迫するにいたったため、これらの機関の負担を軽減すべく昭和43年(1968年)に制度化された。

軽微な交通違反者に対して、すべて刑事訴訟法に基づく刑事手続(または少年保護手続)を行うことは、現実的に検察裁判所側の処理能力を圧迫する。また、軽微な違反ですべて正式な刑事手続による処分を課すことが法の主目的ではない。 そこで、行政上の観点(抑止効果による交通違反の減少)から、軽微な違反については、刑事訴訟法に基づく刑事手続をとる前に、この交通反則通告制度によって行政的な処分を課すこととし、当該処分を(自ら選択して)受けた者については、その反則行為につき刑事手続・少年保護手続を受ける事がないこととしたものである。

反則行為について、後述の#適用除外に該当する場合を除いて、告知・通告手続がなされないまま、刑事訴追がなされた場合は、刑事訴訟法338条4号に該当して判決による公訴棄却となるので、反則行為について処罰するためには必ず告知・通告の手続を経ることが必要となる。

なお、反則金を納めた者は、その反則行為に対する通告処分について行政訴訟で争うことができなくなる。従って、反則行為について争う場合は反則金を納付しないことが必要である。

wikipediaより

| | コメント (61) | トラックバック (1)

最近の改訂内容2

飲酒に対する罰則強化がされました。

  • 2007年(平成19年)9月19日
    • 飲酒運転に対する罰則の強化
      • 飲酒運転に対する罰則引上げ(最高で 懲役3年、罰金50万→懲役5年、罰金100万)
      • 飲酒検知拒否罪に対する罰則引上げ(最高で 罰金30万→ 懲役3ヶ月、罰金50万)
      • 「車両の提供」、「酒類の提供」、「同乗行為」の禁止・厳罰を新設
    • 救護義務違反(ひき逃げ)に対する罰則の強化(最高で 懲役5年、罰金50万→懲役10年、罰金100万)
    • 警察官への運転免許証提示の義務化
    • 外国運転免許制度の適用拡大(イタリアベルギー台湾を追加)
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    最近の改訂内容

    中型自動車が設定されました。

    2007年(平成19年)6月2日

    中型自動車ちゅうがたじどうしゃ)とは、日本道路交通法令における自動車の区分のひとつで、車両総重量5,000kg以上11,000kg未満、最大積載量3,000kg以上6,500kg未満、乗車定員11人以上29人以下の四輪車を指す。

    wikipediaより

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    道交法の構成

    どんな構成になっているのか?

    • 第1章 - 総則(第1条~第9条)
    • 第2章 - 歩行者の通行方法(第10条~第15条)
    • 第3章 - 車両及び路面電車の交通方法(第16条~第63条の9)
    • 第4章 - 運転者及び使用者の義務(第64条~第75条の2の2)
    • 第4章の2 - 高速自動車国道等における自動車の交通方法等の特例(第75条の2の3~第75条の11)
    • 第5章 - 道路の使用等(第76条~第83条)
    • 第6章 - 自動車及び原動機付自転車の運転免許(第84条~第108条)
    • 第6章の2 - 講習(第108条の2~第108条の12)
    • 第6章の3 - 交通事故調査分析センター(第108条の13~第108条の25)
    • 第6章の4 - 交通の安全と円滑に資するための民間の組織活動等の促進(第108条の26~第108条の32の2)
    • 第7章 - 雑則(第108条の33~第114条の7)
    • 第8章 - 罰則(第115条~第124条)
    • 第9章 - 反則行為に関する処理手続の特例(第125条~第132条)
    • 附則
    • 別表

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    道路交通法とは何か?

    そもそも道交法ってなに?↓

    道路交通法(どうろこうつうほう、昭和35年(1960年6月25日法律第105号)は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする(同法第1条)日本の法律である。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    その他のカテゴリー

    趣味